健康診断で自分の体を詳しく知る~健康チェッカーズ~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

冷え改善ポイント

冷えは万病の元と言われています。

一口に冷えと言っても「手足が冷える」「腰が冷える」「お腹が冷える」など単に冷えを感じる人もいれば、「肩こり」「腰痛」「生理不順」「自律神経症」などといった体調不良を訴え、日常生活に支障をきたす人も少なくはありません。 そして冷え症に悩む人は男性よりも女性に多く、日本人女性のおよそ70%が冷え症に悩んでいると言われており、自分でも気づかなうちに冷え症になっているということも珍しくはありません。 自覚がない冷え性の典型が、内蔵型冷え性というタイプで、内蔵型冷え症の特徴は「ダイエットしても痩せにくくなる」「便秘や下痢を繰り返す」「免疫力が落ち風邪をひきやすくなる」「疲れやすい」などの症状があらわれます。

それでは冷え症の改善方法について見ていきます。

冷え症の改善には食事・運動・入浴がポイントになります。 まず食事は体を温める効果のある食べ物を食べるようにします。例えば、玉ねぎ、長ネギ、ごぼう、根菜や桃、さくらんぼ、りんご、などのフルーツ、生姜、唐辛子、ニンニクなどの香辛料、その他にも体を温める食材があるので積極的に摂取することです。 そして運動をすることで血行が良くなり冷えが改善されます。ウィーキングや軽いジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動が効果的です。 そしてお風呂で体を温めて血行をよくすることで冷え症が改善されるので、40度前後のお湯にゆっくり浸かると効果的でしょう。日常生活の中で色々と改善出来る方法はたくさんあるので、積極的に取り入れて始めるようにしてみましょう。